Greetings

2008年、北欧の小さな国、エストニアで若者9人が、不法投棄されたゴミがあふれた森林をきれいにしようと国じゅうに呼びかけました。「Let's Do It 2008」と命名されたこのクリーンアップ運動には1日で5万人以上(エストニアの人口の約5%弱)のボランティアが参加し、わずか5時間で1万トン以上の不法投棄ゴミの除去に成功しました。

人口の5%が一致団結して課題解決のために行動するという市民運動の力を見せつけた、このサクセスストーリーに端を発し、人口の5%の参加を目指すクリーンアップ運動がヨーロッパ各国、そしてアフリカ、アジアへと広まり、2018年から世界各国で同じ日(9月第3土曜日)に地球を一斉にキレイにする「WORLD CLEANUP DAY」として実施されました。2018年には157ヶ国で1760万人、2019年には180ヶ国2120万人、2020年にはコロナ禍にもかかわらず166ヶ国1100万人が参加しました。過去3回のWORLD CLEANUP DAYに世界中で集められたゴミの総重量は推計で20万トンにもなりました。この活動が評価され、主催団体であるエストニアのLet’s Do It Foundationは、2018年ユネスコ/日本ESD賞を受賞しました。https://www.mext.go.jp/unesco/004/1409425.htm
(なお、ESDは「持続可能な開発のための教育」のことです)

日本でも2018年、駐日エストニア大使館の支援を受けて「WORLD CLEANUP DAY」に参加。2019年からは「海と日本プロジェクト」の一環として、日本財団・NPO法人海さくら・WORLD CLEANUP DAY日本事務局の共催で実施しています。

特に日本は、海に囲まれた島国であり、「母なる海」と形容されるように私たちは海から多くの恩恵を受けています。そんな海で進行している環境の悪化などの現状を、子供たちをはじめ全国の人たちが「自分ごと」としてとらえ、キレイな海を未来へ引き継ぐアクションの輪を広げていけるように、関係者一同、頑張っていきます。
また、海のごみは川・山・街から来ていますので、海での活動のみならず、川・山・街でのクリーンアップ活動とも連携し、日本ならではの市民運動となっていければと願っています。

世界各国で実施される「WORLD CLEANUP DAY」に是非みなさんの位置でクリーンアップ活動に参加し、世界とつながり、また世界に発信してください。ご協力を何卒よろしくお願いいたします。

  • 日本財団
    常務理事 海野光行

    海野光行

    話題となっている海洋ごみ。これは、人間が地球上に現れてから、ずっとついてまわる問題でもあります。私たちは、ごみを出さざるを得ない。では、私たちはきれいな海を次世代に渡せるのでしょうか?

    「海ごみは、どこで発生するのか?」「プラスチックはどのようにリサイクルされるのか?」など、正しく理解すること、そして行動にうつすことだと考えます。

    日本財団では、海洋ごみ対策のために産官学民が一体となって、それぞれ自分達が得意とするフィールドで解決していくプロジェクト「CHANGE FOR THE BLUE」を実施しています。「民」の代表として、2015年より共に活動するNPO法人海さくらさんと「出てしまったごみの後片付け」に、参加したくなる楽しさを付加し、沢山の人達と行動にうつして頂きました。今回も新たなパートナーと、海のために行動する人の輪が広がっていくことに期待しております。共に頑張りましょう。

  • NPO法人海さくら
    理事長 古澤純一郎

    古澤純一郎

    我々NPO法人海さくらは、神奈川県藤沢市にある江の島を中心に「目指せ!日本一楽しいごみ拾い」を合言葉に2005年から活動をしております。15年間、海辺でごみを拾い続けておりますが、次から次へと拾っても拾っても、ごみはやってきます。

    2008年にエストニアから始まったWORLD CLEANUP DAYという市民運動は、今や全世界に広がり2019年には2120万人が参加され、環境への関心を高めてきました。

    今、海のごみは、ほとんどが人間の生活から出てきたもの。2019年からWCDの日本のリーダーを任されることになり、世界とつながるなかで、情報の共有をしながら、そして色々な手法を勉強させていただきながら、この海に囲まれた日本ならではの伝え方環境に関心を高める挑戦に繋げていきたいと思います。

    世界同時に「一緒に地球をキレイにしましょう!!」

  • Let's Do It! / 日本担当
    WCD2021日本事務局
    浅井孝夫

    浅井孝夫

    エストニアの少人数の若者たちの情熱が、今や「WORLD CLEANUP DAY」となって、全世界に広がっています。解決が難しそうな課題にも人々が協力して取り組むことで、みんなにとって住みやすく、持続可能な社会を作っていくと信じます。「WORLD CLEANUP DAY」が、より多くのみなさまにとってゴミ問題を意識していただくきっかけになれたらと願います。

    日本各地で清掃活動を実施してこられたみなさまも、今まで清掃活動に参加したことのないみなさまも、2021年9月18日、一斉に各地でゴミを拾って、SNSでも発信し、世界の人々とつながりましょう。

  • WCD 2021
    日本事務局 副代表
    日本・エストニア友好協会
    事務局長 荒井秀子

    荒井秀子

    エストニアの森林クリーンアップから始まった市民活動が、世界に反響を呼び、10年後の2018年にはWORLD CLEANUP DAYとして世界180カ国が参加する大イベントに成長、2019年にはさらに200カ国、2000万人以上の参加者に広がりました。コロナ禍の昨年は、各国の状況を考慮し、タバコの吸い殻集めやパソコンの不要データ削除など身近なところからクリーンアップをとの呼びかけもなされました。

    一年に一度、「世界と繋がりみんなで地球を丸ごとクリーンアップする日」ワールド・クリーンアップ・デーに皆さんも参加してみませんか?

  • WCD 2021
    日本事務局 地域推進担当
    日本・エストニア友好協会
    理事 曽根原 千夏

    曽根原 千夏

    環境を守る、地球をキレイにする、というととてつもなく果てしないことのように思います。しかし、北欧の小国であるエストニアのたった9人の「森林を守りたい」という思いが、行動となり、積み上がり、広がったのがWORLD CLEANUP DAY。一人じゃなく、みんなで一緒にすること、小さくてもやり続けることが、大きな力になることを教えてくれました。そして、国境や人種を超えて、ひとつの地球をみんなで大切にするという、壮大なロマンを感じます。

    今年は、あなたも一緒に!