Author: worldcleanupday

株式会社ココトでは赤坂・大阪の2ヶ所でWorld CleanupDayのイベントが開催されました。   こちらは赤坂の様子です。 雨の中でしたが、 想像以上にゴミがあって予定を30分以上 オーバーして活動したそうです。   大阪の様子です。   株式会社ココトの皆様雨の中本当にありがとうございました。...

2018年9月13日 TOYOTA 役員のほか120名を超える従業員が参加しオフィス近辺の清掃活動が実施されました。        定期的に開催されている、オフィス近辺の清掃活動と合わせて 今回は、World CleanupDay のイベントとして開催。 通常の1.5倍の従業員が参加しました。         15日にも、TOYOTAラグビー部の試合観戦イベント内(@秩父宮ラグビー場)でWorld CleanupDay イベントを開催します。  ...

人類史上最も大きな市民活動「World Cleanup Day」まで後10日を残すのみとなりました。「その次に何が起こるの?」最近はこの質問をたくさん受けます。150ヶ国、数百万人に上るボランティアが歩みを一致させる努力をしています。   World Cleanup Dayの活動を推進している、Let’s do it! ムーブメントの管理委員長であるAnneli Ohvrilは次のように述べています。「クリーンアップ活動は長期的な解決策ではありません。流血を止めるだけでは傷の治療にならないように、私たちは今、ナイフを引き抜いて、治療を始めなければなりません。我々はクリーンアップを通して、ごみ問題や一般廃棄物管理の問題に人々の注意を促すことを目指しています。実際、クリーンアップをおこなったからといって、一般的廃棄物管理の問題が解決するわけではありません。この市民活動の影響を受けて、効果的なごみ管理体制の改革、ゴミ収集システムの改善が各地で確立されなければなりません。さらには、我々が何を捨てているのかを注視する必要があります。捨てられるまではごみではないのですから。資源を捨てようとしていること、そしてそれには再利用の可能性があることを認識しなければなりません」。   PRESS RELEASE   How to keep it clean after the World Cleanup Day? 06/09/2018   With fewer than 10 days to go to one of the biggest civic actions in human history – World Cleanup Day – the question, “What happens next?”...

2018年9月15日 世界150カ国、数百万人のボランティアが1日で世界をキレイにします   2018年9月15日に開催される「World Cleanup Day」(ワールド クリーンアップ デー)では、150カ国、数百万人に及ぶ人々が、道路、公園、ビーチ、森林、河川を清掃し、全世界的な不法投棄ゴミ問題に立ち向かいます。数千ものコミュニティが一つになって活動し、日本から始まってハワイに至るまで強力な「緑の波」を作り出します。   「World Cleanup Day」の目的は、ゴミの処理というよりも、ゴミ問題の重大さについて、地域・国・世界レベルで意識を高めることであり、さらに、持続可能な解決策を見出すため、共に活動する新しい世代のコミュニティリーダーを支援し、ネットワークを構築していくことにあります。   「ビーチや公共の場所を清掃することは、すでに行われていることのように思われます。しかし、私たちのミッションは、清掃することではなく、ゴミを永久になくすことです。生態系の中で処理不可能なもの、即ち『ゴミ』を生み出す生き物は、唯一人間だけです。今日、海に浮かぶプラスチックの80%が陸地から来ています。だからこそ地域のコミュニティと協力し、その地から始める必要があります」と、エストニアのLet's Do It! ムーブメントのリーダーの一人であり、World Cleanup Day運営チームの一員であるHeidi Solba(ハイディ・ソルバ)は述べています。   路上に捨てられたゴミのほとんどは最終的には海にたどり着きます。海に浮かぶゴミの80%は、ビーチや水路を通って海に至った不法投棄物であると推測されています。したがって、地域のリーダー、政府、民間団体がお互いに協力して活動することは、水陸両方の自然環境を保護するための最初の一歩です。   「World Cleanup Day」では、ITも活用します。日本では、株式会社ピリカ(https://corp.pirika.org/)が提供する世界最大規模のごみ拾いSNS「ピリカ」のアプリを用いて、「World Cleanup Day」の参加者による清掃活動の情報をリアルタイムに収集するとともに、ゴミの場所や種類をマッピングして、ゴミ問題を可視化していきます。   「World Cleanup Day」の主催団体は、エストニアの市民主導のマスムーブメント(大衆運動)Let’s Do It World!です。この運動は、2008年にエストニアで、わずか5時間で5万人が全国を掃除した日に始まりました。それ以来、「1日で国が1つに」のアクションモデルが世界中に広がり、歴史上最も急速に成長している草の根運動の1つとなりました。現在までに、約140カ国およそ2000万人が、近隣の不法投棄物を除去する取り組みにすでに参加しています。   2018年は、エストニア共和国建国100周年の年です。2018年「World Cleanup Day」は建国100周年を迎えたエストニアが世界に送る最大の贈り物です。100周年記念イベントの詳細については、www.EV100.eeをご覧ください。   ゴミに関する現実:   現在存在するプラスチックのほぼ半分は、過去15年間に製造されています(National Geographic、2018年6月)。   プラスチックの破片は、海洋渦の中心部にたまっていく傾向があります。例えば、北太平洋では、いわゆる「太平洋ゴミベルト」と呼ばれる渦の中心にゴミが集まってきています。その範囲はフランスの約3倍(約70万~160万㎢)と推定されています。   毎年480~1270万トンのプラスチックが沿岸部や河川から海に流れていっています。この量は、世界のすべての海岸線に、プラスチック廃棄物を入れたゴミ袋を15袋ずつ、1メートル間隔で置いた量に相当します。この廃棄物をすべてトラックに載せるとすると、そのトラックの列は世界の海岸線の24倍にもなります(Jemma Jambeck、ジョージア大学、2015年)。   これは、毎分1台分のゴミ収集車のゴミを海に投棄する量にも等しく、対策が講じられなければ、2030年までに1分あたり2台分、2050年には毎分4台分のゴミの量に増加すると予想されます(Ellen MacArthur Foundation report、2016年)。   今まで製造されたすべてのプラスチックのうち、リサイクルされたのはわずか9%でした(Jemma Jambeck、National Geographic、2018年)。   35億人以上の人々が、最も基本的な廃棄物管理サービス(ISWA、Globalization and Waste Management、2012年)を使用することができていません。   (グローバルサイト) www.worldcleanupday.com Facebook:https://www.facebook.com/worldcleanupday2018/   (日本サイト) www.worldcleanupday.jp Facebook:https://www.facebook.com/WorldCleanupDayJapan/   World Cleanup Day 2018 日本実行委員会(連絡先:Let’s Do...

第4回国連環境総会の議長および、エストニア環境大臣を務めるSiim Kiisler氏は 「Let’s Do It !」の活動を全面的に支持し、2018年9月15日を「World Cleanup Day」と認定するという声明を出しました。 Kiisler氏は国連加盟国とその指導者に、世界中で行なわれているWorld Cleanup Dayの活動を全面的に支援するよう呼び掛けています。   ...

2018年9月15日に世界150カ国が参加する World CleanupDayゴミ拾いのプレイベントが7月7日(土)日本で開催されました。 今回の開催地は3つ 【早稲田大学付近】   【足立区役所付近】   【与野本町付近】 参加してくださった一人一人の笑顔が印象的でした。 9月15日は世界150カ国と一つになって 日本各地でキレイにしていきましょう。   個人で参加頂く場合は、お近くのゴミ拾いグループをご紹介します。 お近くにゴミ拾いグループがない場合は、 PIRIKAアプリを使っての参加が可能です。 グループでのご参加の場合は、グループ登録が可能です。 詳しくはinfo@worldcleanupday.jpまでお問い合わせいただければ、ご案内致します。        ...

ゴミの位置をマップする(※map―地図に書く) これが何を意味するのか、なぜそれが必要なのでしょうか?     私たちの切なる願いがあります。 少し長いかも知れませんが本当に大切な事です。 数分間お付き合いいただけたら幸いです。 ゴミの位置を地図化する取り組みが なぜそれほど大事なのかを理解していただけると思います。     ―私たちが直面している問題― 私たちの街や敷地、森林、海洋にある膨大な量のごみについて、近年多く議論されています。 人類に危害を加えている状況についてのドキュメンタリーは、テレビで熱心に視聴されています。 ソーシャルメディア上では、プラスチックで窒息した野生動物の記事が毎日ニュースフィードに入り、 ゴミに埋め尽くされたビーチの光景はフロントページのニュースになっています。 環境保護について話す有名人も増えて、多くが地球の美化大使になりました。     私たちは、世界市民として、環境への被害をますます認識してこれを変えたいと願っています。 政府と大企業は、自然界を広範に廃棄物汚染する原因としてしばしば非難されています。 確かに原因になっているケースは良くあります。 しかし、通常の市民が、タバコの吸い殻、お菓子の包み紙、または(テイクアウト用の)コーヒーカップなどを ゴミ箱に入れるために要する数秒の時間を使わないという事が同じく頻繁に起こっています。 そういった市民が増え、世界中に広がると、問題が巨大化してしまいます。 散乱した幾つかのごみが巨大な山に変わり、 その地域全体に醜いごみのカーペットができてしまいます ―原因はただ私達が、近くのごみ箱に辿り着くまでゴミをポケットに入れておかずにいるという選択をするからです。     そしてプラスチックの存在があります。 私たちの寿命をも脅かしてしまうプラスチック。 プラスチック、それは餌と間違えて食べてしまった魚や他の海の生き物の腹の中に留まってしまいます。 小さいプラスチック粒子は、私たちの食糧や水にも入り込んでしまいます。 プラスチック、30年後には私たちの海で魚よりも多く目についてしまうかも知れません。       ―World Cleanup Day(世界で地球をキレイにする日)― 市民として、私たちは行動することができ、行動しなければなりません。 まず始めにできることは、私達は全てのゴミを責任を持って処分すること、 そして急いで友人や家族にも同じようにさせることです。 しかしそれだけでは不十分です。 すでに人間が作り出してしまった現状を修復する必要があるからです。     2018年9月15日のWorld Cleanup Day(世界で地球をキレイにする日)は、 これを行うことを目指しています。 よりキレイな地球に向けて第一歩を踏み出すことを目指しています。 それは人々を動員し、全世界が目を覚ますことを目指しています。 人の力と技術力を利用して、1日で地球をキレイにする計画です。 あなたが想像できるように、このような偉業のためには膨大な土台と組織が必要です。 そこで私たちはシンプルで技術的なソリューション、 つまりWorld Cleanup App(ワールド・クリーンアップ・アプリ)を開発しました。       ―The World Cleanup App(ワールド・クリーンアップ・アプリ)― このアプリは誰でも自由にダウンロードでき、非常に使いやすくなっています。 これは単純な地図作成機能に基づいており、見つけたゴミを世界地図上でマークすることができます。 ゴミを拾う代わりになぜそれをするのでしょうか? あなたが空のボトル、古い新聞、タバコの吸い殻、またその他の小さなゴミを見つけたなら、 ただそれを拾い上げてください。マップする必要はありません。 しかしゴミが多く堆積されていたり、たくさんのゴミがまき散らされている場合は、それをマップしてください。     ―なぜ、わざわざそれをするのか?― 答えは単純です。あなたがそれをできるからです。 日々あなたが行ったりきたりする道のりで気付いたごみの場所をマップするのに、1分もかかりません。 この数秒が、世界の廃棄物汚染の問題の大きさを理解し、 World Cleanup Day(世界で地球をキレイにする日)のための物流と資源を準備する上で大いに役立ちます。 そのうえ、あなたの近所や好きな自然のスポットは、キレイでごみのないスタートを切るのに値するでしょう。 そして率直に言って、あなたはきれいな環境で生活する価値がある人です。     地図化されたすべてのごみの場所は中央データベースに送られ、世界的なオンラインマップ、 つまり世界廃棄物プラットフォーム上に表示されます。 あなたの助けを借りて、これは世界の廃棄物汚染の最も詳細なデータベースとなり、 廃棄物の新しい取り組みに影響を与え、 世界的に必要とされる政策の変化をもたらすために極めて重要になるでしょう。     あなたの携帯電話でいくつかのボタンをクリックする簡単なアクションは、 大きな影響を作りだし、 あなたは現代の最もエキサイティングで画期的な市民科学プロジェクトへの貢献者になるのです。     今日からマッピングを始めましょう! 早速 - アプリをダウンロードし、マップを開始してみてください!     アプリのダウンロードはこちら↓ https://worldcleanupday.org/#get-the-app #WorldCleanupDay #MapIt #WorldWastePlatform     参考記事はこちら⇒Why map trash?  ...

WORLD CLEANUP DAY2018のプレイベントを7月7日に開催します。 プレイベント当日7月7日は、 下記の会場でゴミ拾いを行ないます。 【会場1】 時間 : 9:00〜11:00 集合 : 大隈記念講堂 参加費 : 無料 【会場2】 時間 : 14:00〜16:00 集合 : 足立区役所前 参加費 : 無料 【会場】 時間:17:30〜18:30 集合:与野本町駅前 参加費 : 無料   当日は、動きやすい格好でお越しください。 親子での参加も大歓迎、一緒に地球をきれいにしましょう。...

World Cleanup Day(世界で地球をキレイにする日)は、 慎ましい始まりと共に起こった、世界を変えるアイディアです。 国を一気にキレイに掃除するというアイディアは、2008年にエストニアの小さな国で起こり、 5万人が団結してたった5時間で国中を掃除しました。       この市民活動はボランティア達によって行われ、政府は何百万ユーロも節約することができました。 主催者は、この活動に「Let's Do It!」(それをやりましょう!)と名前をつけました。 この運動のシンプルな哲学と価値観を完ぺきに表しているからです。   エストニアのこの成功は世界中に広がっていき、 現在130カ国以上が同じモデルに基づいてこの活動をするようになりました。 Let’s Do it ムーブメントは、現在、同じような活動グループの中でも、世界で最大規模の組織へ成長しています。   エストニアは今年100周年を迎えるため、 2018年World Cleanup Dayは地球に対するお祝いの贈り物にもなると言えます。 2018年9月15日に、全参加国、ボランティアグループ、パートナーグループの人達が団結して、 地上から、ゴミと不正に捨てられてしまった廃棄物を取り除いていきます。 何百万人もの人々が一つのゴール、きれいな地球を目指して、 強力な「Green Wave」(地球に優しい波動)が 日本から始まり、36時間後にハワイで終わるようになります。   Let’s Do It! はごみを掃除することだけでなく、世界全体の意識を高め、 きれいで健康な地球の実現のために持続的に変化していくことを目標としています。 Our Story ↑ 元の記事をご覧になりたい方はこちら。...

WorldCleanupDay公式Youtubeチャンネルから新しい動画がアップされました! ぜひこの機会にチャンネル登録もお願いします^^ World Cleanup Day 拙訳ですが、日本語も載せておきます! 日本語字幕 ある日、一つの目的 - 全世界で。 2018年9月15日 World Cleanup Day。 150ヶ国の人が自然からゴミを片付けます。 現在一番速いスピードで拡大している市民活動に参加しましょう! 一緒にやれば、世界を変えられる力を持ちます。 世界をもっとキレイな場所にしましょう! 持続可能な形で、成長し続ける経済と一緒に。 私たちに必要なのは、デジタルテクノロジーとアントレプレナーシップを持った人です。 グローバルの廃棄物の場所を記録したマップを作っています。 あなたの国もこのグローバルプロジェクトの一員であることを確認しましょう。 みんなが得します。企業だったら、持続可能な社会をサポートするというビジョンを見せられます。 たった一日で未来の世界を形作れるんです。この日がゴミのない世界の第一歩です。 一緒にやりましょう!...